読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soin-fantasutique のブログ

からだと心・日々想うことを綴っています

カミングアウト卒婚

私は時々、人から嫌われても構わないと、むしろ私に関わって欲しくないと思わせる行動を取っている事に気づきました。

なぜか?

それらは今までの生活、生きてきた中で知らず知らずのうちに習慣となってしまった「癖」の様なもの。

自らを孤立させることで他者との関わりを避けている。

なぜ?

一人が楽だと思っているから。

 

28年間の結婚生活の中、私の心は何かを失いながら過ごしてきた様に感じています。

深いところで傷ついたその傷みから、自分自身を護るために「愛」を遮断してきました。

子どものために結婚生活を続け

子どものために幸せそうに振る舞い

子供のために……

親のために……と

夫との関係も見て見ぬふり、これも一つの愛の形だと、いつしか勘違いし始めていました。

 

愛を遮断し、愛することも、愛されることも、何も望まず、幸も不幸も分からなくなって、自分が幸せなのか?不幸なのか?悲しいのか?嬉しいのか?楽しいのか?つまらないのか?……

そんな事さえ考えなくなっていました。。。

本来の私は感受性もつよく、喜怒哀楽の激しい性格。

そんな風に生きてきた中で、本来の自分はどこかに隠れ、内側を蝕んでいたのかも知れません。

 

離婚を決意した時、娘に言われた事は、

「ママは嬉しいとか悲しいとか、自分の感情を表現しないよね…」「怒っていることだけは分かったけど……」と( ˘˘̥ )

 

離婚の原因は夫では無く、むしろ私にあったのだと認めます。今は大切にしてもらった事や、それが夫なりの愛情だったのだと、深く感謝しています。

もう、次にいかなければと……

だから、「卒婚」。

勝手かもしれないけれど、別れることでお互いに感謝し合い、お互いの幸せを願える関係でいられたら、その方が良いと思ったのです。

f:id:happybird2525:20170207010203j:plain

 

そんな風に生きてきた中で習慣となってしまった事。そろそろ手放したいと思っています。

愛で傷ついたものは愛でしか修復出来ない。

だから、愛すること、愛されることを恐れずに、心を開いていかなければと……

 

さて、どうしたら……?